Google検索

人工衛星発射企業 Virgin Orbit IPO (SPAC) 上場?

Virgin Orbit

https://jp.techcrunch.com/wp-content/uploads/2020/10/virgin-orbit-88.jpg?w=738

Virgin Galactic【NYSE: SPCE】から分社され2017年に設立された小型人工衛星発射企業。同グループのVirgin Atlantic航空で引退したboeing 747を改良し、2021年1月17日にNASAの超小型衛星の軌道投入に成功した。SpaceX や Blue Originを利用した衛星発射では、天気や風など天候の影響を受けやすいが、ロケット発射型を採用している本社は一般的な旅客機が離陸できる条件であれば発射することができる。また、発射場についても大型な施設は不要で、いままで利用されている滑走路を利用できるため大きなコスト負担がかからないなどメリットがある。現在SPACを利用した上場(Ticker : VGAC )が噂されているが、小型衛星需要が増えている現在、Marcket Cap 1B以下であれば、中長期で上昇する可能性は非常に高い。しかしながら、Orbit社は有人飛行だが、無人飛行によるロケット発射型のベンチャー企業も出てきているため注意が必要だ。

これまでのNews

Virgin Orbit launches 10 satellites to orbit in landmark test flight
LauncherOne has reached orbit for the first time.
大分県、ヴァージン・オービットとの提携により、アジア初の水平型宇宙港に
スペースポートの発表
ANAホールディングスがヴァージン・オービットとのパートナーシップを発表|プレスリリース|ANAグループ企業情報
Virgin Orbit to take stake in Sky and Space Global - SpaceNews
Virgin Orbit will invest in Sky and Space Global, the financially troubled constellation company, and partner with it on launch and satellite services.

コメント

タイトルとURLをコピーしました